節税のためのポイント

賢く節税するために、節税ポイントについて知っておきましょう。知っておくと得することも多いですし、もしあなたが起業するという時にも役立ちますから、節税の種類だけでも知識として身につけておくと良いですよ。

節税対策の種類や制度

  • 少額投資非課税制度(NISA)
  • ジュニアNISA
  • 住宅ローン減税
  • 生命保険料控除
  • 不動産投資
  • ふるさと納税
  • 確定拠出年金

節税対策とは?

パソコンを操作する人

所得が高くなればなるほど、国に納める税金も高くなっていきます。実は納める税金を節税して少なくすることができるのです。それが節税対策です。税金を収めなければ脱税となって捕まってしまいますが、節税は法律内で行うものなので、違法にはなりません。年末調整時に生命保険に加入している方は証明を提出しますよね。それも節税の1つです。ですから、知らないと損していることもあるので、特に会社経営しているは知っておくと良いですよ。また、個人でもできる節税対策もありますから、この機会に学んでおきましょう。

起業する方は要チェックの節税対策

男女

日本では新しく働き方改革が取り入れられ、副業やフリーランスとして働く人、起業する人もこれからどんどん多くなっていくと思います。その際に避けて通れないのが納税です。その際に知っておくと得する節税方法をご紹介します。日本では、個人事業主よりも法人を立ち上げた場合の方が納税の際にメリットが多くなります。法人の場合、経営者の給料は経費として扱うことができるので、節税に大きく影響します。個人事業主も、生命保険、確定拠出年金や国民年金基金に加入しておくと節税できるのでおすすめです。

賢く節税したい方は

説明を受ける人

賢く節税したい方は、節税のプロにお任せしましょう。法人の場合は、収益があるほうが節税することができるので、できる限りの節税対策を行っておきたいですよね。保険の加入は節税対策にも繋がります。法人向けの保険を提案してくれたり節税に関する相談を受けている業者もあるので、そういったところに相談されることをおすすめします。専門知識のあるプロがあなたの会社に合った対策を提案してくれるので、将来の会社の安定のために節税の先手を打っておきまましょう。

広告募集中